これからの葬儀、千葉の研究サイト

喪失感を受け入れるのには時間がかかるもの、千葉でのあわただしい葬儀のあとに心身ともに消耗したらグリーフケアを意識しよう

RSS 2.0

千葉で行う社葬の葬儀社選び

社葬や合同葬は規模の大きな葬儀を検討している場合の選択肢です。

社葬は企業法人による葬儀です。

会社の創業者や社長などが亡くなった時、企業が喪主として執り行います。

合同葬は葬家と企業が一体で行うため合同葬といわれます。

社葬の目的は亡くなった会社のトップに対する敬意だけでなく、次代への継承が行われたことの認知なども含まれます。

大規模葬を滞りなく行うことは、会社の社会的なステータスにもつながります。

取引先だけでなく、関係各社、株式投資家などに与えるイメージの問題もあります。

▼参列する際粗相の無い様に–>覚えておきたい弔事マナーとその意味「神式葬儀の香典の表書きは『御玉串料』」 – Ameba News

社葬はそうしたイベント色の濃い大規模な企画となり、準備期間を経て数週間後に行うことが一般的になっています。

社葬に先駆けて、葬家のみで密葬として葬儀自体は終わらせておくことが多いです。

企業ステータスで葬儀場を選ぶか、千葉の地元企業などの地域性を重視するかで葬儀場選びの考え方も変わってきます。

社葬の依頼は葬儀社の中でもイベント色の濃い葬儀の企画運営に長けている会社を選ぶ必要があります。

会社の内部でも葬儀実行委員会などが発足し、準備や対応に追われます。

社内のそうした準備をサポートしながら計画をすすめることができる葬儀社である必要があります。

千葉でも大規模な葬儀になりますから、ふさわしい会場や案内も必要になります。

初めて社葬を出すという場合には、葬儀社選びが社葬の企画を左右します。

社葬の経費は計上可能な項目とそうでない項目とに分かれます。

社葬に実績があり、社葬を行う際の会計処理なども含めてアドバイスがもらえるような葬儀社を厳選します。

会社の業務内容に即した社葬の企画力のある葬儀社が望ましいでしょう。

OFF

Categories: 様々な葬儀

admin01