これからの葬儀、千葉の研究サイト

喪失感を受け入れるのには時間がかかるもの、千葉でのあわただしい葬儀のあとに心身ともに消耗したらグリーフケアを意識しよう

RSS 2.0

千葉で葬儀を行わない選択

葬儀を行わない選択というものがあります。

故人を直接斎場へ搬送して、直葬するという選択肢です。

通夜、葬儀、告別式といったプロセスを行わず、火葬場に僧侶や宗教者に来てもらって、斎場で簡単に読経などを行います。

直葬の場合、葬儀にかかる費用はかかりません。

火葬場の使用料、お棺、搬送、安置が必要な場合には霊安室の使用料金やドライアイスなどの実費、骨壺などが必要になります。

千葉の葬儀社によっては直葬のためのプランを用意しているところもあります。

相談してみるといいでしょう。

斎場の控室などを利用し、読経で簡単にお別れの時間を取ります。

斎場は千葉県に関しては公営の斎場の利用は、千葉の対象エリアに住民登録があれば無料から安価に使用が可能です。

該当の自治体に住民登録があるかどうかで使用料金に違いが出てくるため、確認が必要です。

公営と言っても斎場によって利用料金は一定ではありません。

公営だけでなく民営の斎場も利用可能です。

直葬の場合、炉前で読経を行うことはできても、葬儀を行うわけではない点に理解が必要です。

葬儀を行わない選択をするケースは大都市圏を中心に年々増加傾向にあり、葬儀社でも対応が進んでいます。

直葬の行われる社会背景には、独居で最期をむかえられる方が増え、社会格差の広がりが顕著化しているなどさまざまな事情からと考えられています。

葬儀を行うこと自体を取りやめるという選択肢もあるので、葬儀に関する費用で悩んでいる人は、その旨を葬儀社や自治体などに相談することが可能です。

OFF

Categories: 様々な葬儀

admin01