これからの葬儀、千葉の研究サイト

喪失感を受け入れるのには時間がかかるもの、千葉でのあわただしい葬儀のあとに心身ともに消耗したらグリーフケアを意識しよう

RSS 2.0

千葉における葬儀とグリーフケア

葬儀は身近な人を亡くした喪失感や悲しみの中、限られた時間であわただしく行われるため、家族には心身ともに消耗するイベントになりがちです。

あらかじめどれだけ千葉で葬儀の準備を整えていたといっても、大変さは変わりません。

グリーフワークという言葉があります。

身近な人や大切な人を突然失うと、人は大きな喪失感で身体に力が入らなくなったり、それまで通りの日常生活を平常に送ることができなくなったりします。

ベッドから起きられなくなって鬱状態になる人も少なくありません。

グリーフというのは大きな悲しみのことで、主に死別の際に感じる大きな喪失感のことをさします。

昨日までそこにいた人が今日からはもういないという時、言葉にできないほどの悲しみを感じて自失茫然としてしまう感情です。

外見はいつも通りの状態のように見えても、心にぽっかりと穴が開いた状態になって、誰にも気づかれないまま気持ちの消耗だけが進んでしまうこともあります。

葬儀を行う際、千葉の葬儀場の控室には必ずグリーフケアの本などが準備されています。

緊張感や疲れで自分でも自分の心をケアする余裕がない中ですが、手に取ってみるといいでしょう。

死別した人はもういないという事実を受け入れるのには時間がかかります。

本来葬儀にかかわるプロセスは、グリーフワークそのもので、時間をかけて失った悲しみを受け入れていくためのものです。

しかし時間と効率を重視する現代社会では、あっという間に葬儀も終わってしまうので、心が受け入れるのに必要な時間すら短縮されてしまう傾向にあるのかもしれません。

悲しい時は自分の気持ちが落ち着くまでの時間をかけるようにするのも、グリーフワークの大切な一面でしょう。